需給を学ぶならこの銘柄だ、マクドナルドはファンダメンタルで動いているのか?

需給を学ぶならこの銘柄だ、マクドナルドはファンダメンタルで動いているのか?
日本マクドナルドが大幅続落中。親会社であり大株主である米国マクドナルドが株売却打診の報道があった影響との事。

マクドナルドはデイトレとして売買するのはとても難しい銘柄のひとつだと思っている。
出来高はそこそこあるがとにかくボラがない。しかし、株価の需給を考えるのにはもってこいの銘柄だと思う。

日本マクドナルドは外食業界で国内トップの時価総額を誇っているが14年度から不正問題があり赤字を続けているものの、株価は上昇傾向を辿っている。

売り上げが下落傾向で赤字が続いている最中の上昇、将来の業績を織り込んで動いていると説明するのは難しい状態だと思う。

ファンダメンタルでマクドナルドを売っている投資家は多いと思う。常に逆日歩が付いている状態からも伺える。

それでも何故下がらないのか?需給は長くもつプレイヤーが最後には勝てる。空売りを仕掛けた投資家よりも長く保有する買手がいるからだ。その買手は何を信じてマクドナルドを保有しているのか。この事象を深く考える事で需給によって株価が動いていることが理解できると思う。何故上がるのか?是非考えて欲しい。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ