需給が読めた展開でテクニカル指標を使って銘柄選定すれば期待値優位になる

需給が読めた展開でテクニカル指標を使って銘柄選定すれば期待値優位になる
12月の権利確定日を通過。これで受渡しベースで新年度入りとなった。個人投資家は税金の絡みがあるのでようやく新年度に向けて投資が始まるが自己売買の成績は営業日ベースなので後2日で今年の成績が決まる。

ECB量的緩和延長・FRB利上げ・日銀少しETF買い追加と中央銀行が年末に一斉に動いた。株価だけを見るとネガティブサプライズだったのではと感じる。

その結果12月は軟調となっているがなにやら市場では節税売りで権利確定日まで売られやすいと囁く人が出てきた。節税売りは今年大きく利益を上げている投資家が含み損を確定する事で税金を抑える為に行う。

もしそういうシナリオが走っていれば年初でマイナス銘柄は売られ、プラス銘柄はさらに買われるといった現象減少が起きる可能性がある。

テクニカルから見て大きく下がっている銘柄は2桁銘柄や業績が思わしくない銘柄が多くあった。もしこれが節税売りと信じるなら目を瞑って買えば収益になる。

本日の結果は寄付で買えばほぼ陽線となった。これが今年だけの現象なのかはご自身で調べて見ると良い。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

2 Responses to “需給が読めた展開でテクニカル指標を使って銘柄選定すれば期待値優位になる”

  1. りょう より:

    こんばんは。

    記載内容に質問があります。

    「年初でマイナス銘柄は売られ、プラス銘柄はさらに買われるといった減少が起きる」と記載がありますが、ちょっとよく分かりません。
    ”年初”が”年末”に置き換えれば理解できるのですが・・・。

    もし宜しければ、解説をお願いします。

    • keishiki より:

      りょうさん、こんばんは。

      ご指摘ありがとうございます。これだと意味がわかりませんね。すいません。

      年初の株価と比べて年末の株価がマイナス・プラスという意味です。

      減少という漢字も間違えていました。現象に書き換えました。

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ