iPhone減産報道で関連株が下落、ビッグチャンス到来と判断してのトレード

iPhone減産報道で関連株が下落でビッグチャンス到来と判断してのトレード
アップルがiPhoneを減産すると新聞で報道された。最新モデルが想定以上に売行き不調での一時的な減産だと書かれている。

減産となればアップル関連株、特にスマホ依存の企業は今後の業績悪化不安で売られる筈。
アップル関連株といえば6981村田製作・6976太陽誘電・6770アルプス電機等だ。

これがサプライズと思うのであれば売りから入るのが良いと考えた。
しかし、これだけで売りから入るのは負ける確率が高い。もう少し何か欲しい、出来れば過去同じ事象があれば。

幸いにも記事の中で2013年時も一時的な減産が書かれていたので早速、関連株の過去チャートを見て確認。

下落はしたものの自分が思っている動きではないと判断。それともう1つアルプス電機の動きだ。

アルプス電機は昨年11月業績上方修正で年初高値をつけた翌日から現在に至るまで下落中。
次世代スマホでは韓国製の有機ELを採用するとニュースも重なった事もあり、指数と比べて結構下がっているので3000円を割れて始まれば戻る可能性が高いと自分は判断した。

と考えていたが6976太陽誘電が少し下で寄りそうだったので下げ余地があると判断して寄りから売り。思惑通り下がってくれて利益を確保する事ができた。

iPhone減産が表面化したことで次回決算発表時の見通し次第で数字が変わる可能性があるので監視を続けていく。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ