業績が今後も右肩上がりだと予想するなら、今回の下落は長期投資にはチャンス?

業績が今後も右肩上がりだと予想するなら、今回の下落は長期投資にはチャンス?
業績が今後も右肩上がりだと予想するなら、今回の下落は長期投資にはチャンス?
今後も業績が伸びると思えば下落こそ、長期投資目線では買いを入れるチャンスだと思う。

現時点での株価・利回りが良くなると思うのであればいつでも買っていいが、やはり安く買えるに越した事はない。だからこそ全体が調整に入ってる時点が買い場となる。

全体が下がれば業績に関係なく売られることもある。下がった時点で優良銘柄を探すには時間が無さ過ぎる。だから前もって自分が買いたいと思う銘柄をピックアップして即座に買える様に準備する必要がある。

自分も淡々と買いたい銘柄を準備中だ。
今回は騰落レシオが低水準の位置につけているので自分の選んだ銘柄が大きく下がっていれば買って見たいと思っている。

いっておくが騰落レシオはテクニカル指標だ。これからレシオが120を超えても株価は現在より低水準になっている可能性は十分に有り得る。

それを考慮して全力の資金を入れることはない。ここから日経が半分になれば自身が購入した銘柄も業績関係なく半分になる可能性もあるからだ。

もしも半分になった場合はどうするか?正直塩漬けになると思う。しかし業績が順調で配当が貰えれば問題ない。その時は違う銘柄も下がっているので買えばいい話。

一番の問題は買いたいときに資金がなくなる事だと思う。いつでも買える様に本業はしっかり稼がねば!

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ