感覚と経験だけに頼らず、定量的な部分から客観的に相場をみる

統計を取って定量的な部分から現在の相場を見ることは大切だと思う。

直近の安値を割り続ける日経平均、ツイッターを見ていると反発を期待している投資家が多い気がする。

相場の転換期は感覚だけだと、ばばを掴む可能性があるので統計ソフトを使い定量的に相場を見ることも良い。人の頭の経験ほど、信じれないものはないからだ。

自分はネットで有名な逆張り手法のS式を見て買いを入れるか判断している。
現在の似た状況は昨年の8月の下落だと思う。

この時の全銘柄(ETFは除いている)の結果は297件。
現在の結果(10日)は38件で、この事からS式から見るとまだ突っ込み買いのタイミングとは言えない。

感覚と経験だけに頼らず、定量的な部分から客観的に相場をみる

日足4本値を使った統計ソフト(シストレツールとでも呼ぶのか)が個人投資家でも気軽に買える時代となった。
全数検索をする為にプログラムを学ぶ事はとても良いことだが、まあ時間が掛かる。

統計ソフトを使いこなせば何でも上手くいくと思ったが、自分の置かれた状況(ポジション金額・月のノルマ)を考えると到底、統計どおりのパフォーマンスじゃ間に合わない事に衝撃を受けた。

このままじゃ、まずいので期待値が高い部分に定性な判断を加えてトレードする事にした。
定量分析の結果を定性的な判断を下す、人間にしか出来ない定性的判断を使わない理由はない。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ