長期投資のデメリットをカバーする為に必要な資金管理、買ったまま放置できる株はごく僅か

長期投資のデメリットをカバーする為に必要な資金管理、買ったまま放置できる株はごく僅か
長期投資のデメリットをカバーする為に必要な資金管理、買ったまま放置できる株はごく僅か
長期投資は企業のファンダメンタルに投資するものだと思っている。
数年間の成長見通しが上向きの銘柄は、ファンダメンタルを高めてくれる。
その結果、配当をもらうといった感じか。

但し、長期投資のデメリットは、保有している銘柄の株価下落により資産価値が目減りすることだ。ファンダメンタルも思惑と違い下向きになることも十分ありえる。

出来る限り、株価が安い時に仕込みたいのが心情である。今回の下落で大きな含み損失を抱えている投資家が多いと思う。

理想としては、ここでマクロ経済の影響を受けにくい高配当利回り・優待銘柄を仕込む絶好のチャンス。しかし、この時点で追加資金がないのではチャンスを逃してしまう。

投資と投機で共通点は資金管理だと思う。いつでも帰る資金を持っていないとチャンスだと思うときに変えないからだ。

資産運用ではリバランスをすることを推奨している。
ひとつの方法として、株式投資資産が60・現金が40の比率であったとする。そのまま運用を続けるのでなく定期的に資産バランスを50対50にするのだ。

株価が下落すれば必然と株式の比率が低下するので現金から投資へ、上昇すればその逆といったように。

株価の天井と底は時間が経過してからわかる。それを当てる作業より、どんな局面でも強制売却しないような資金管理を身につける事が大切だと思う。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ