拡張現実と仮想現実はどちらのテーマが今後も物色されるのか?

バーチャルボーイ任天堂
バーチャルボーイ任天堂 VR
今年になってAR・VR関連が物色されるようになった。自分も何となく手を出していて意味すらわかっていなかった。

ARとはAugmented Realityの略で日本語では拡張現実と呼ばれている。これは現実世界の情報に新しく情報を追加する事を指す。それを担うツールは皆が持っているスマホだったりする。

ある商品にスマホをかざすとキャラクターが動いたりするものがAR(拡張現実)だ。
(事例:かざすンAR(無料) – 産経新聞社

ARはとんでもない技術だと思うけど、いまいちパッとしない。要図としては博物館や動物園などで専用のメガネ(ウエアラブル)をつければ見ている対象の情報が入ってくる感じだろう。

それと反対の意味で使われているVRの方が今後すごい発展しそうな気がする。
VRとはvirtual realityの略では日本語では仮想現実と呼ばれている。

コンピュータが人工的に作り出した世界である。ゲームの世界のようなものだが、あたかも現実と錯覚する完成度まで技術が向上しているのだ。現実と比べて仮想は無限大の発想が思いつくであろう。

現在は視覚だけでなく、脳に触れた感覚を伝える事も可能のようだ。(事例:VR(仮想現実)を使った次世代ビジネス活用事例 その1

この技術で真っ先に売れそうな業界はゲームだと思っている。
今回、盛り上がった銘柄は周辺機器が多かった。周辺機器の注目は勿論、ソフト面での銘柄を盛り上がる可能性があるので特にVRを注目して監視していく。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ