2016年衆議院解散で株価はどうなる?解散と株価の関係②

選挙関連銘柄推移 (2000年・20003年・2005年・2009年・2012年・2014年の推移の平均パフォーマンス)


選挙と日経平均の関係はググれば検証結果まで説明されているブログを拝見する。
信用のおける人物であれば、検証結果をそのまま使ってトレードに生かせばいいと思う。

自分の場合は信用力があっても検証するようにしている。頭に叩き込むには手を動かす事が一番で資料を見て理解したつもりでもわかっていない事があるからだ。

前置きが長くなったが、衆議院解散後の日経平均の推移はグーグルに任せておいて個別銘柄の推移を検証したのでグラフを添付する。

銘柄選定は「選挙関連銘柄」でググって出たものばかりだ。2000年から上場している銘柄を中心に検証してみた。

グラフからの結果は上昇したものと下落したものと分かれている。
上昇した銘柄は時価総額が大きく、下落銘柄は時価総額が小さいものばかりだ。

下落した銘柄はもしかすると解散を発表する前から動意付いた可能性がある。
上昇銘柄は指数が上がれば当然、連動して上昇したと考えられる。

紹介した銘柄以外にも動意付きそうな銘柄はありそうだ。解散が濃厚になれば関連銘柄を買って解散翌日に手仕舞いするとおもしろいトレードが出来そうだ。 

前回の投稿記事

終わり

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ