自分に不利な相場で諦める事が出来る人が生き残る

秒速1億の男
秒速1億の男をディスル
自分の周りにいるトレーダーとして生き残って稼いでいる人の特徴は諦めが早い人が多い気がする。自身の相場観と違う場合、トレードはせず相場の監視を行い次のチャンスを伺う準備をしている。

逆に生き残ない人は諦めが悪い。状況的に手が悪いのにトレードを繰返して損失を増大させる事が多い。皆、とんでもなく儲けるが諦めの悪さで利益を吐き出してしまうのだ。

自分は相場が合わないとき、どうみても歪みが少ない時は小額でのトレードか全くトレードをしなくなった頃が利益が転がり込むようになった。

それ以前はどんな日でも全力で売買をしていた。特にザラバ中のマイナス時の時など、何としてでもプラス転換、最悪でもトントンまで持っていきたいと我武者羅に売買をした。

トレードは運の要素が強いので当然プラスになる日もあった。しかし、それが逆に悪い方向にもっていくのだ。諦めず集中すれば損失を取り返しプラスに出来ると勘違いさせる。

当然、損失が膨らむ事が多くなっていく。そして、こんなに頑張っているのにプラスに出来ない事に怒るようになる。頑張れば儲かる?勘違いもいいとこだ。でも、その時は本当に頑張れば儲かると思っていた。頑張る方向がもう完全に間違っている。

頑張る方向・手段が間違っていると稼ぐ事はできない。これはどんな分野でも同じだ。
結果が出ないでいる人は、結果が出る過程が間違っているかもしれない。

1度手を止めて考え直してみると良い。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ