事業凍結で上場後初の赤字転換となった京急を買いから攻める

2月の下落から1カ月がたった。株価は17000円を中心にうろうろしている。
気になるのは資金が市場から抜けていく感じだ。

寄付きから30分は色々と出来高が活発だが、IRか岡三マンがつぶやかないと株価が大きく動かなくなってきた。

新興市場等、ランキングを見ると盛り上がっているように感じるがザラバ中の板気配は薄くスプレッドが開いた状態で仕掛けるのが難しいと感じるのは自分だけだろうか?

それでもチャンスを見つけて取りに行かなければならない。
今日は9006京急を寄付きから逆張り買いで15分で3%の利益。本日一番の稼ぎ頭となった。

京急は想像以上の人口減少で久里浜線延伸事業を凍結して、特別損失を計上し上場初の赤字を計上した。

京急適時開示情報
ギャップダウンで買った理由は特別損失は今回限りと思ったからだ。今後も事業凍結等で特別損失を出すのであれば、投資家はそれを嫌い手放す事も考えられる。

配当・優待は現状維持で権利日まで期間は短いので下値では買いが入る事も考えての買いだ。

京急5分足
ザラ場が暇になった分、手付かずの検証を進めることにしよう。
一秒たりとも無駄にはできない。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ