組入れインパクトは1000万株、日経平均新規採用でコンコルディアが逆行高

日経平均組入れ日

横浜銀行と東日本銀行が経営統合され、共同持ち株会社としてコンコルディア・フィナンシャルグループが新規上場した。

MSCIの組入れを予想していたが、見事に外してしまった。しかし、今日は日経225採用日であった。

日経225は特殊で3月28日に横浜銀行を一旦構成銘柄から削除して、新たにコンコルディアを採用する仕組みとなっている。インデックス投信からすればなんとも面倒な事だと同情する。

この戦略としては3月28日の終値で買って、本日の寄値もしくは終値で反対売買する事で利益を得ることができる。

 

今日の日経平均は大幅下落にも関わらず、ギャップアップで始まりそのままプラス推移で終えたことを考えれば満足いくパフォーマンスだ。

横浜銀行組入れ日
 

 数日間反対売買できないので同業・指数でヘッジを

注意が必要なのは権利落後は売買できない事だ。裸で持つのが怖いのであれば同水準の地銀株を売るか指数を売っておく事。

それが出来なければコンコルディアを売ってその他の地銀株を売る戦略は今回は効きそうだ。(3月25日終値を基準)

地銀権利落ちからのパフォーマンス
稀にしかないイベントだからこそ、歪みが生じやすい。イベントを見つけるのは時間が掛かるが技化すれば恒久的なエッジを組むことが出来る。

実需がいることが出来れば戦略は組みやすい、ぜひチャレンジを!

 

 本日21時からプレミアムコンテンツを販売

過去株価が大きく動いたサプライズイベントを実例に、需給の歪みを解説。
過去の黒田バズーカについても解説。

※テクニカル分析だけで限界を感じる方、トレードに磨きをかけたい者は是非まっているぞ!

サプライズイベントで歪んだ需給を利用するトレード術(コンテンツ案内はこちら



————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ