相場は毎日変化する、自分も変化しながら対応する

マザーズ指数月足
160410_1
相場は人間によって作られる、相場状況によって値動きが変化する事を常に頭に入れておく必要がある。

野球やゴルフはボールが止まっている状態から始まる、それに反してサッカーやバスケは常にボールが動いているスポーツだ。

トレードは後者に近いのではと自分は考えている。常に対戦相手と味方のポジションを把握しつつボールを回しゴールを狙う。自分の都合よくボールを回せる事は不可能だ。

トレードも時間が経過するごとにチャンスの価格が変わってくる。自分がある値段まで大量に買おうと思ってもその行動を誰かが監視しているので都合よく買わしてくれる事はない。

スポーツでも統計が用いられるのは当り前の時代、自分だけ優位なデータ情報なんてものは存在しないと思ったほうがよい。全員がその状況を把握している事を認識した上で戦わないといけない。

だからこそ、常に同じ行動をとっていては利益を残す事はできない。参加者は全員儲けようとタイミングを見計らっている。

いくらエッジがあろうとも皆が同じポイント、もしくは限られるパイを取り合えば利益とはならない。

単調なトレードを繰返す事が意外と負ける原因かもしれない。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ