イナゴが群がる前に仕込んで、黄色のヘルメットおじさんのつぶやきを待つ

160412_1
株価はきっかけがないと動かない。そのきっかけを探すにはアンテナを張り巡らす必要がある。一番に思い浮かぶのが日経新聞だ。投資財務面で個別企業に関しての記事が書かれているので読んでみるのもいいだろう。

なぜ日経新聞かというと経済新聞は日経新聞がシェアがダントツ1位だからである。
只、購読者が全員投資家ではないし、直近のニュースなら無料で見れるのが当り前なった今は影響力は弱くなった。

これを応用して多くのデイトレーダーがチェックしているメディアを抑えておけば、きっかけを掴むチャンスがある。

今、最も話題のキーワードが報道されるとその企業は注目され株価は暴騰する。
注意点は皆が同時にニュースに注目するので提灯をつけて失速してしまう可能性がある事だ。

だからその前に仕込むことが大切で、話題になれば関連銘柄が次々に出てくるのでこれだと思った銘柄ピックアップすればいいのだ。

そして、金融クラスタでは有名な黄色いヘルメットを被ったおじさんが呟くのを黙って待てばいいのだ。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ