制度変更はチャンス、次期デリバティブ売買システム稼動で何が変わるのか①

次期デリバティブ売買システム稼動(次期J-GATE)
7月19日から株式会社大阪取引所は次期デリバティブ売買システムを稼動する予定だ。
稼動と同時に新商品と一部制度内容が変更される。

大きな点は先物寄り付き開始時刻が現在の9:00から8:45に早まってしまう。今まで15分早く始まるSGXとの鞘を抜くトレードがこれで消滅してしまう事になった。

さらに夜間取引5:30まで延長となり、CMEとの時間差がなくなる事に。これでヘッジの為に急いで朝の寄付きに注文が来ることが少なくなり、行き過ぎた値段をつける事がなくなるのではないかと思う。

株は為替と違い24時間動いていない、市場がクローズしてから世界が動きだす日本はもろにその影響が翌日に表れるから過剰な行き過ぎが生じていた。

只、現物株と寄付時間が変わる事でチャンスは生まれるとも考えている。それは現物株が動くことで裁定が働くのでもしも現物株との鞘が大きければ急激に元に戻ることもありえる。

制度が変わることはエッジが生まれる可能性が高いので、想像を膨らませて新システム稼動まで待つ事にしよう。

つづく

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ