時価総額が親会社の4倍にも膨れ上がったブランジスタがとうとうはじけた

BBQ
160516_3

上場している子会社が上昇しても利益にはならない

肝心な局面で上手く立ち回る事ができなかった。マザーズが大暴落で今日一番下がった銘柄を何度も空売りしたがうまく利を乗せる事が出来ず終い。

銘柄は4346ネクシィーズで6176ブランジスタの親会社を四季報で確認していて、1000円後半から監視していた。

現在の時価総額は子会社のブランジスタがネクシィーズを上回っている。親と子の関係であるので連動すると思われがちだが、子会社は投資目的でないので業績への影響は全くない。

年初高値で売っていれば1000億円の利益

なのになぜ上がるか?それはもし売却すれば大きな利益が親会社の懐に入る可能性があるのと、これは自分の推測であるがブランジスタをショートしている人が苦肉の策でネクシィーズを買っているのではないかと思う。

業績で買われている訳でなくショートの踏み上げがこの上昇を作り上げた。昨日までの日足を見れば下がる気配は微塵も見当たらない。

だが、他の銘柄を監視すれば下がる可能性を見出す事ができたのだ。それは4565そーせいが決算通過後朝はプラスだったがすぐに失速していた。さらに3914JIGSAWも決算でストップ安で張りついていた。

本格的に下げ始めたのは後場から、それまではネクシィーズ・ブランジスタともストップ高近辺でうろついていたがマザーズ全体が下げ始めると同時に下がり結局双方ストップ安となった。

自分はというと前場と後場の途中で意味なく下値を叩き上値で買い戻す作業を繰り返し損失で終わった。

これまで一番強かった銘柄だから簡単に落ちるわけないと自覚しながらもだ。それよりも周りのマザーズ銘柄やテーマ株を売り叩いた方が効率が良かったと反省。

このまま暴落するか戻すのかわからないが、収益チャンスの臭いはあるので次はがっつり獲るぞ!

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ