増資発表後の推移
160528_1
株価の動向を検証するのは時間とやる気さえあれば、最後までできると思う。検証が趣味の人は結果がわかれば満足かもしれないがトレーダーはその結果から利益を生む作業をしなくてはならない。

検証結果に使うサンプルは事例が少ないものでも数百銘柄はある、そこから実際に売買できるのは数パーセント程度だ。それを自分で選択して実際にお金を注ぎ込み回収してやっと作業が終わる。

しかし、それだけは終わらない。同じ事象があればチェックしてトレードを繰り返す必要があるのでデータの収集作業をしなくてはならない。時間がある人はEXCELに手打ちすればいいが、本業を抱えている兼業トレーダーは自動化しないと無理であろう。

さらに相場環境や同じ事象をやっているトレーダーが増えれば結果も変わってくるので、同時に検証結果の推移をリアルタイムで見れるようにしたい。

上手くいかなくなってから再検証するためにデータを集めている手間が省ける。
たぶんであるが、ほとんどのトレーダーが検証から結果まではできるがトレードに至るまでの準備ができていないと思う。

検証結果からすべての銘柄をやればいいと思うが実際に資金がなくて出来ない、あったとしても数が多くなり過ぎれば管理が大変だったりする。(ひとつのストラテジーだけで生き残れる程あまくない)

そういった事を考えると検証結果から現実のトレードとの乖離がないようにしなければならない。検証結果で満足しているようじゃいつまでもバーチャトレーダーのままだぞ。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資