フラッシュ・ボーイズ② ~ デイトレーダーは悪なのか

コロケーション
フラッシュ・ボーイズの著者は高速取引業者を悪としている。

果たして高速取引業者が全て悪いのだろうか?
それに加担したブローカーも同罪なのだろうか?

悪とする理由について私の意見を述べる。

1.誰よりも注文速度が速く他を圧倒できる。

注文速度が速くなる事は良いことだ。
投資スパンに違いはあれど誰もが速い方が良い。
なぜ平等だと思っているのか理解に苦しむ。
スピード差はあると知った上でデイトレに望むことだ。

2.システムの弱点につけこむ。

取引所とタッグを組み、マッチング・エンジンのプログラムを自分たちの都合で組み替えることは駄目。
しかし、弱点をつく事は悪いとは思わない。(弱点ではなく特徴の表現が正しいと感じる。)
キャピタルゲインを得るには特徴を見つけ、その歪みを利用しないと利益は手に入らない。公募増資は株式の希薄化により、株価が下がる。その特徴を生かして売買する事と一緒だ。

3.デイトレは悪。

高速取引業者は一日の流動性を作るがポジションを持たないそうだ。
それでは駄目みたいだ。(残念ながら日本でも一般的には悪。)
流通量が多くなればノイズが発生する。
そこの隙間を短期売買が埋めることで流動性が生まれる。
短期売買も大事な役割を担っているのだ。

4.儲かっている。

これが一番だよね!悪にされる理由は。

それにしても市場を出し抜く術を身に付けた彼らはすごい。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>技術
>>>雑談

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ