ポケモンGO日本での配信開始:配信期待から業績期待へ移行、任天堂快進撃は続くのか

任天堂3カ月チャート
全米iTunesセールスランキング連続1位を達成から始まった、任天堂の爆騰。
時価総額が大きいだけにその恩恵は留まる事を知らない。

全米から配信開始となったポケモンGOがようやく本場日本でも配信開始となった。
ポケモンと言えば任天堂の子会社である事は誰もが知っている。

ニンテンドー wi旋風が起きたのは今から10年前、当時の上昇を覚えている投資家、直近ではガンホーとミクシィを見立てている投資家が今後の動向に期待して買ってきたのだと思っている。

自分はセールスランキングの売り上げを考えると時価総額に対してそれ程のサプライズはないと考えていたので、最初から売り目線だった。

しかし、上昇トレンド中の銘柄を簡単に空売りを仕掛ける事はせず周辺銘柄を空売りする戦略で何とか利益を積んでいる。

そして、今日からまた新しい視点で任天堂関連株を考えなければならない。
前日までの配信期待での上昇から、本当にポケモンGOによって業績が上向くのかを推し量らう段階に来たのだ。

例えば全店舗に「ジム」を配置する事になったマクドナルド、それによって店内に集客して売上を伸ばせるか?を考えなくてはならない。

家の近くにあるマクドナルドの状況を目で確認したり、月次動向を確認することで実際の波及効果を知る事ができる。

他の関連株も同様の事が言えると思う。任天堂以上に上昇している銘柄もあるがそれは短期需給が多くを占めているので、その話はまた別の機会に書くとしよう。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ