オブシーボ臨場試験結果で小野薬品を逆張り買い、起死回生のIRリリースで難を逃れる

未治療の進行期非小細胞肺がん患者を対象としたオプジーボ®(一般名:ニボルマブ)の第III相試験結果の影響について
今日は昨日ストップ安で引けた4528小野薬品をトレード。
企業IRによって何とかプラスで終わる事ができた。

売上拡大により、薬価改定の問題となっているガン治療薬「オブシーボ」。

その「オブシーボ」が臨床試験で、これまでより幅広い肺がん患者に有効な結果がでなかった事を公表。

この事が小野薬品の将来の業績に影響があるという事で、各証券会社が一斉にレイティングを下げたこともあり、大幅下落した。

薬品業界は今期、来季よりさらに遠い未来を想定してトレードをするようだ。しかし、これは自社が結果を公表したわけであって引き続き試験を行う見通しで、さらに日本でのオブシーボの型は違う。

株価の位置もそれ以前に下落をしていたので、反発余地はあるとみて寄りから買い。
しかし、買っては底割れで投げるを繰り返し諦めかけたその時、急に買いが入ったのでそのままホールド。

小野薬品からのIRで業績に影響はないとアナウンスが流れたようだ。
昼からも大きく値を戻し、一時はマイナス収支であったが、プラス収支で終えることが出来た。

小野薬品についてのトレードは近々、渾身氏とのコラボ教材で紹介するのでお楽しみに!

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ