自己株式取得の終了で大陰線となったソフトバンク、後場からガッツリショートでリベンジ

ソフトバンク自己株式取得終了のお知らせ
落ちた落ちたようやく落ちた。怒涛の自社株買いをしていたソフトバンク。

今日も寄りから買って買って買いまくり、自分はというと月、火とソフトバンクは連続やられ。

買いが来てるんなら買えばいいのにと、自分に苛立っていた。

適時開示等を閲覧すると、ソフトバンクの自社株買いは月か火曜日で終わると読んでいたのでどうしても売りから入ってしまう。

しかし、買いが止まらず踏み続けられていたのが現実。今日も寄付き直後は前日安値割れを目指すも、割れる寸前で反発。

その後はきれいな日中足を形成していく。自分は途中から買いから入り運よく7000円付近で利食い売り。

変調があったのが後場からだ。途中までは自社株買いが入っていたが、思ったタイミングで入っていなかった。

市場もそれに勘づき、下げのスピードが高まった。「自社株終わり?」と感じ全力で売りに向けた。

中途半端な利食いはしたくないと6700円割れ粘った。もっと下がる雰囲気であったが、6700円を上抜けると再度、上にいくスピードが速くなったので手仕舞い。

月曜日の損失以上の利益を稼ぐ事ができた。
しかし、今月のソフトバンクのトレードはまだマイナスだ。

自己株取得の終了アナウンスもリリースされた。さてこのまま下落かそれともアリババを意識した動きになるか注目だ。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ