日銀買いが入った入らないを議論するのは無駄、勝負はその前に決まっている

コンテンツ編集
160819_1
日銀によるETF買いが増額された事による思惑が市場を動かしている。
一日の売買代金2兆円のうち700億円を買い入れるのだからそのインパクトは強烈だ。

日銀のETF購入は実態は市場から買い入れる訳ではない。証券会社を通じて買うのが通例だ。裁定ポジションの中から現物株を渡すのでその反対に先物を買い戻すことになる。

当日買うかどうかを判定するのが、前場の騰落だ。ベンチマークとなるのはTOPIX、すでにこの判定は誰もがわかっている。買いが倍増されたことでコバンザメが増えた事でインパクトが強くなっている感じがするのが今の状況だ。

戦略として当日買った買わないは正直どうでもいい事で、買われそうな状況では先回り買いをする。そうでなければ円高トレンドの状況もあるので売り目線で攻めるといった感じ。

日銀は儲ける気はない、只淡々とルールに従って買うだけであるので、その行動はわかりやすく狙われやすい。

だから日銀が買う前に仕込み、前場引・もしくは後場寄りで手仕舞いするのが妥当だ。
他に大きなサプライズが出てきたら、みんな日銀買いの事を気にしなくなるので今だけ有効な気もする。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ