自社株買い:株価指標・需給に与えるインパクトが小さい判断して売り仕掛けた結果は?

シノケン日中足
発行株式数に対して1%の自己株式取得で9%の上昇。
ありがとうの気持ちで一杯売ったら下がらず、翌日まで引っ張り大きく踏んで終了。

その銘柄は8909シノケンだ。ジャスダック市場に上場しているが時価総額は400億円超で貸借銘柄でもある。

シノケン自己株式取得
9月12日の大引けに総額4億円で175000株の自己株式取得を発表したのだ。
期間はおよそ2か月単純平均すると一日4000株を毎日市場から買うことになる。

直近一か月の平均出来高は約190000株なので一日の関与は2%で微妙なインパクト。
それが大きく上昇したのだから、売るに決まってるでしょ。
と鼻息を荒くして寄付きから攻めた。

板を見ると自社株買いらしき注文が確認できるが、それもすべて売りが入ってくると見込んでいたが、どうも下げが加速せず2030円を真ん中に行ったり来たり。

需給は改善するが、PERに与えるインパクトは1%、直近の株価位置を見れば実需売りが来てもおかしくないと思ってのこと。

あまりにも下がらないので違和感を感じてはいたが、翌日に持ち越した。
全体に影響され、寄りは下であったがどうも下がらない。

前日の高値を抜けたら踏む体制をとっていたので見事に超えたので躊躇なく踏んだ。

後から考えれば買い付け金額の割に株数は少なかった。普通に計算すると2280円までは無条件で買える。

そういった背景があったので急いで買ってきたのかもしれない。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ