新しいテーマ物色となるか?リチウム電池からマグネシウム電池へ

http://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/160119-01.html
新しいテーマになりそうな記事があったので調べて見た。
日経新聞の記事で「リチウムイオン電池の代替、マグネシウムで実用化へ ホンダなど」が報道されていた。

現在主流である、リチウムより安価で豊富な資源があるマグネシウムが今後の主流になるかもしれないという内容だ。

ツイッターランドでは既にマグネシウム関連銘柄は取り上げられているので、今更掘り下げても落ちているお金はないかなと思う。

気になったのはリチウムが高価な資源なことは開発当初からわかっていたが、それが先に普及したという事実だ。

詳しくは知らないがリチウムの方がマグネシウムに比べて二次電池として生産しやすいからだと考えられる。

2018年度販売を見込んでいるが、臨場試験同様これから製品化に向けて様々なハードルを乗り越えていく必要があること。

もう一つは気になったのはホンダが開発したような感じになっている事だ。
ホンダと組んで開発したのは埼玉県産業技術総合センターだ。

埼玉県産業技術総合センターのホームページを見ると今年1月には
「マグネシウムによる二次電池先端産業創造プロジェクト“マグネシウム蓄電池” 世界初の実用化に目途」を公表している。

メーカーと組んでようやく販売至るのでホンダを前に出すのはわからなくもないが。
マグネシウム関連といってもキーワードがあるだけでこの二次電池には関係が薄い銘柄ばかりだ。

その中で本物銘柄に近づくにはホンダに近いか埼玉県産業技術総合センターにかかわっている企業を探した方がよさそうだ。

本物かどうかはわからないが、動くなら取り合えず手は出すとは思う。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ