企業本来の価値を市場が織り込むタイミングを見つけるべく、ユニバース選定を考察中

日経平均採用寄与度大
今日のSQは何やらチャンスだったようで、常勝トレーダー達はきっちりチャンスをものにした模様。

北朝鮮の核ミサイルやフランス大統領選挙を控えているので株式市場が軟調となっている。
まあ上記はきっかけであって、本質の部分はアメリカの動向の不透明さが原因だと思っている。

チャートだけで判断すると今は株を持っても上がるイメージがない。それでも勝つのが仕事なのでコツコツと利益を積む作業をしている。

特に新しい手法や戦略があるわけないが今後やっていくことはユニバースの選定を東証1部、新興という区切りでなく、ファンダ別に分けていこうと思っている。
というのも最近はバリュー株投資の本を眺めているとわかりきっている事だがバリュー株とグロース株とでは明らかに目指してるゴールが違っているので、株価の動きも違うような気がしてきたからだ。

TOPIXバリューとグロース
上記グラフはトピックスのバリューとグロース指数トランプ大統領誕生後のかい離は大きい。

只、いつか上がるからといって持ち続けても資金効率が悪いのでタイミングを計る必要がある。やっぱりIRが一番のカタリストなるかなと思う。

最近、個人投資家の片山さんがラジオ出演した際にもいつ動き出すのか?を意識している事を語っていた。

バリュー株が評価されるタイミングも必ずあると思うのでそんな辺りを検証して効率よく稼いでいきたいと思う。


>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ