5月相場が終了:グロース相場にしがみ付くことで会社側に現金振込を回避

5月はなんとかプラスで終了。会社に現金を振り込まなくて済んだ。

5月は全体の指数をみればボラは小さく取りづらく見えたが、大型・小型そしてバリュー・グロースで分けると実は大型バリューだけが上昇せずに他の指数が大きく上昇していた。

下記グラフ:上からTOPIX500バリュー・グロース、TOPIXスモールバリュー・グロース。
圧倒的にグロースが伸びている

TOPIX500バリュー
TOPIX500グロース
TOPIXスモールバリュー TOPIXスモールグロース
3月決算企業のスイングもこの小型株上昇の恩恵があったからこそ、金額は小さいながらも収益に貢献してくれた。

決算銘柄のトレードの気づきでは良いなと思い、発表翌日は陽線でも簡単に下がるということ。
再度、評価されるのが数日後というのも数銘柄あり含み損を抱えるのが嫌なので大きな金額を手放していまった銘柄がいくつかあった。

まあ、これも小型株が好調だからうまくいっているだけで自分の選んだ銘柄が良かったとは思えない。
長期で考えるとグロースよりバリューの方が統計的に有利と書かれた書籍もあったので巻き戻しには気をつけていきたい。

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ