やってみないと始まらない、受注残から今後の売上を予測してみた

6920_日足チャート
6920レーザーテックは半導体関連と今後の業績期待から10月の四半期決算から上昇した銘柄だ。

この銘柄を選んだ理由は直近四半期の数字が良かったこと,そして受注が伸びているからだ。

6920_四半期決算
10月の決算では受注が180億円、受注残が過去最高の360億円達したことで上昇が加速したとみている。

自分も10月決算内容をみてすぐに飛びつき買いをした、その後細かく精査(本当は買う前にやらねばならない)。

どうも種類によって売上に寄与する期間が違うみたいで直近受注残の半分は再来年から売上に寄与するのでこの受注残だけみて上方修正ないと見た。

半導体関連新製品の大口受注のお知らせ
レーザーテックは元々期初の通期予想を控えめに出すので若干の修正はあるかもしれない。

自分なりに売上・EPSなどを予想してみると、仮に再来年に今の受注残がすべて売上に計上されることを想定した、すると17年実績EPSの約2倍となった。
2年後のEPSを予想したのは株価は3年から5年後の業績を1年から2年程度で織り込むとされているからだ。
そして理論株価だが発表日当日のPERは20倍、20年EPSとPER20倍をかけると3287円となった。

6920_売上見通し
金曜日と月曜日でこの水準まで株価が来たのでほとんどポジションを落とした。

この時点で売上予測などいい加減だなと思っているが、それでも自分の考えをアウトプットして記録に残すことで自分の成長にプラスだと思ったからだ。

のちにこの記事を読み返し、下手くそだったと実感できる自分になる!

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ