決算発表後の株価の動きは四半期期間はノイズだと思った方がよい

改めて決算発表後の値動きは直近の数字に引っ張られる事が多い。
それも次回の決算発表日まで定量・定性情報がない銘柄で小型株ほどこのトレンドは続くという事。

例えば8912エリアクエスト4Qと1Qがとんでもなくいい数字を出した。4Q時の株価は下がったけど、1Q発表からは株価が2倍にもなった。

本業はストック収入であるサブリース事業が主で長期投資でみれば悪くないけど、急騰する銘柄ではない。大幅な増収によって買われ始めると、投機銘柄の特性でもある貸借低位株が上昇を加速した思っている。

エリアクエスト販売不動産
中身をみると販売用不動産の売却による一時的な売上増加なのはB/Sをみればあきらか。でも株価は1Q発表時から爆発的に上昇している。

さすがに2Qの決算発表で株価は下落したが1Q発表時に比べてまだ上の水準にある。だからといって空売りから入ると儲かるとはいかないのがトレードの難しさであり、面白いところだ。

なぜ下がらず逆に戻るのか?この辺の説明を矢口新の書籍に書いてあるので、興味があるなら読んで損はないと思う。

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ