高配当銘柄の投資に興味はないけど、下支えになるファクタは必要だ

配当利回りランキング
2月は第二週の収益から横這いで推移。目減りはしたものの一月の成績を上回ることができた。
ファンダ分析に力を入れている今だからこそ,下げ相場は自分の勉強の成果が問われるのでやりがいがあるものだ。

最近大型株を中心に配当利回りに関してニュースが囁かれるようになった。2914JTは5%の利回りがついている。
利回り5%で生活できる資金力があるならまあ、魅力的な気もするが株のボラを考えると堅い投資とは言えない気がする。

ただ、5%なら買いたい需要があるという事は凄い重要なことで下がった時に長く保有してくれる投資家がいるという事は長期的にみて下がりづらいとも言える。

それに加えて、収益が右肩上がりで増配・優待新設などあればそれはチャンス以外ない。
そんな株はとっくに買われているのでないと思うが、理想としてはもう買うしかない状況の銘柄を探して資金のある限り投資したいと目論んでいる。

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ