新紙幣発行で月間利益の大半を稼ぐ


数年ぶりに新札発行を発表!今後政府はキャッシュレスを促進する筈なのに新札発行するメリットは表面的な部分でメリットがあるか不明だが当然、関連株は動意づいた。




新札発表は2000年前半、大半の投資家は記憶にないと思うし自身も覚えてない。只、記録は残っているのでそれさえ確認すればやられることはないと思う。




自身が確認したことは以下の3点だ。

・関連株の確認

・業績反映の時期だ。

・新札発表時の株価動向。




関連株のかぶたんやカジノ関連で沸いた銘柄がそれにあたると予想、その中でできる限り時価総額が高く貸借銘柄の6457グローリー、6418日本金銭を選んだ。




次に業績反映の時期だ。これは有報キャッチャーで過去の有価証券を遡れば企業の見通し、受注残が残されているはず。








最後に新札発行発表後の株価動向。

時間がなければこれだけでも十分だ、たった一回の出来事で2度目は違う動きを可能性はあるが人間の心理、浅はかな部分はいつの時代も変わらないと思っているので似たチャートを描くと想像できる。業績もすぐに反映するわけでないので、ギャップアップで始まれば尚更売られる可能性が高い事がわかる。




結果は下記の通りだ。




出典:株探https://kabutan.jp/




過去通りだと受注が入るのが2年後なのでまたチャンスがあるのはうれしい限りだ。




>>>実例トレード解説

>>>検討トレードエッジ

>>>深遠動画解説

>>>挑戦長期投資

>>>株雑感

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ