IPO銘柄のロング、グロース銘柄の空売り、
年末・月末定番の動きで利益を積み重ねることができた。
12月の日経平均は月末を除き高値圏でのヨコヨコ相場。
ジャスダックは上下運動しながら高値を更新する動き。
マザーズは上昇せず横這い状態。
当初は新興市場中心に12月中旬から下落して最終週に反発すると予想していた。
月初に指数とM3の空売りで利益を得るがショートスイングは長持ちしない。
急性扁桃炎(今年4回目)でトレード休んだこともあってなくなく踏んで利益が消し飛ぶ。その他にいいアイデアがなく月末アノマリーに期待するしかなかったが、IPO銘柄のトレードがうまくいったおかげで月末アノマリーにレバ利かすことができた。
実際年末・月末アノマリーはレバ利かせた分取れたがアノマリー通りの値動きではなかった。

図は12月総利益に対する個別銘柄の利益割合。

プレイドは海外売出しがあったので買った。
M3は11月末に高値引け、
翌日はGUからの陰線でその翌日も安値割れからショートポジション。
レバETFもそのタイミングでショート。
SBGはMBO報道とアリババ報道のニューストレードで利益。
大きく反発したところで買い戻し、中旬まで下落と見ていたけど残念。
日本ペイントは11月末に組んだショートポジション、
これもM3同様にずっと上がっていたので12月は利益確定売りが来るだろうとの考え。
ウェルス、ココペリ、エネチェンは寄り買いとデイトレで利益、IPO地合いに助けられた。
ANAは売出し発表でショートポジションが報われた、JALで損失を埋めることは出来てないけど。
SBIはリップルの通貨問題で売られたところを寄りから大量に買ってしまい、一度損切り。
本業に影響ないので戻ると思ったが年末年始にポジションが組めない言い訳でポジション組めなかった。
ユニクロはショートで損失したのは覚えているけどなぜショートしたのか覚えていない。
トヨタはデイトレでやられた。なにかのリバランス日にトレードしたけど記憶がない。
リクルートは売出し発表。12月3日からの寄りから上昇希望で買ったが板注文を見ながら売買してやられた。その影響でロングポジに自信がなくなってスイング出来なかった。
トリケミカルはザラバ株式分割発表で上昇、時価総額を考えたら短期売買しかいないと思ってショートスイング、全然下がらず踏んで終了。
モリテックはデイトレでやられ、アイモバイルは決算でロングにしたが損切り。
イオンはアンワインド案件と思って長期でショートスイングしていて決算で出尽くしと思って追加ショートしたけどさらに上にいったのでその日に全踏み。

わからない事象はポジ取らずデータだけ取るようにしよう。