検証結果を裏切るTOPIX組入れ

2014年11月TOPIX組み入れ結果

11月27日はTOPIX組み入れ日だった。イベントトレーダーにとって外せない大事な日だ。

さてさて結果はどうか。前半全く駄目だったが最後の追い込みがすごい!(上記チャートTOPIXショートでフルヘッジ、値は始値)
大穴、すかいらーくがまさかまさかの上げ。◎のリクルートは微妙となった。

トレード仲間と組入日検証では11月は期待値が低かったが、それをよい意味で裏切るものとなった。
トレードは数学のように答えまでの数式は一つではない。人が時々の事情で需給が動く。今回がいい例だ。

元々、期待値が低いと思って仮儒が薄いこと。実需の売りインパクトが小さい。
期待値が高いので仮儒が集まった。その後実需の売り事象が発生したといったところか。

思考停止を続けてトレードすれば、近い将来思考だけでなく運用も停止されてしまう。

相場参加者が全員、勝ちたいと思って参加しているので需給が変わるのは自然の現象だ。

この記事を書いて今週はMSCIの定期入替日だった。そう考えると元々仮儒が分散される筈だ。このファクタは検証していなかったと思う。

新しい発見があったので早速トレード仲間に聞いてみよう。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>技術
>>>雑談
>>>動画

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ