ソウル白熱教室、トレードで近道すると破滅するよ

ソウル白熱教室

NHKで白熱教室(韓国版)をご存知だろうか?
教授が壇上で紙をもたず、一つのテーマに沿って疑問を聞き手に問いかけながら、進行する番組だ。

只、壇上でペラペラ喋るより、対話形式の進行は見ていてとてもおもしろい。

教授もテーマにぴったりの事例をすぐさま、切り出し聞き手を飽きさせない。
TVで見ていても熱気が伝わる。

途中から見たのだがテーマは子供の教育だと思う。韓国社会は大学受験が激しいのは知っている。
そして、協調性を大事にする国民性だそうだ。ラーメン屋で行列を成していると自分を並ぶ。妖怪ウォッチを持っていないと仲間外れにされる。など日本と似ているなと感じた。

その韓国では子供の教育について親が深刻に悩んでいるそうだ。(これはどこの国の親も同じだが。)

親も受験戦争に勝ち財閥企業に就職するといった人生を歩んできたが、何の為に勉強しているのか子供時代は理解せず、親の言うとおりしているだけだった。
その自分が親になったとき、子供にも同じ道を歩ましている事に葛藤している。これは正しいのか?

そこでの教授の言葉が印象的だった。
「子供に近道を教えない」自分で考え、行動させる事が子供の為になる。
親は子供に色々教えてやりたい気持ちはわかるがそうすることで、子供は意味もわからず行動してしまう。
これってトレードでも同じだなと感じた。上がる銘柄を教えてもらっていては何も残る事はない。
回り道をしてでも自分で検証して悩むことで自分のエッジが出来てくる。
1日でも早く儲けたい気持ちを抑えて、地道に検証を続けていく大切さをこの番組で再確認させてもらった。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>技術
>>>雑談
>>>動画

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ