直近上場した新規銘柄が暴落!!IPOラッシュによる換金売りが理由なのか?

今日は直近上場した銘柄が暴落。各メディアはこぞって「12月に新規IPOラッシュを控えての換金売りが出た」ということ。
ザラバ中もMXテレビから流れる音声は皆IPOラッシュによる換金売りと口合せたかのようなコメントが並ぶ。
記事を書いている僕でさえ同じ理由で動画解説してしまっている。皆が同じ解釈ほど怖いものはない。全員が思考停止になっている訳だ。実は違う要因で下げている可能性もあるんじゃないか?
まずは換金売りの意味をもう一度考えて見る。

換金売り:資金が必要となって手持ちの株式を売ることをいう(出典 iFinance)
株価急落で持ち株を売らざる得ない場合。ロングショートポジションのリバランス時にも起きる。

日経平均は18000円を突破している。個人の信用買い評価損益率は一桁台。わざわざ換金売りをしてでも資金が欲しいのか?

と、いうことで調べることに。最近上場した銘柄(9月から)のここ一週間の平均騰落率を作成してみた。

対象銘柄_9月~11月に上場した銘柄19銘柄
期間_12月1日~12月8日
直近上場した新規銘柄が暴落!!IPOラッシュによる換金売りが理由なのか?
結果は右肩下がりの下落、確かに換金売りが要因だと言えそうだが、今年限りの現象かもしれないので去年のデータも必要になってくる。その結果は次回に。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>技術
>>>雑談
>>>動画

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ