久しぶりに日経平均が下落、まだ12月IPOラッシュを原因にしたいのか?

久しぶりに日経平均が下落、まだ12月IPOラッシュを原因にしたいのか?
上記のグラフは2013年の9月~11月に上場した企業で、12月最初のIPO上場三日前までのパフォーマンスを表示。
2014年と比べると下落率は低いが動き方は変わらない。IPOは信用売りができないので単体での検証を終了。

8日ぶりの日経平均の下落。久しぶりの下落とあってネットの中でトレーダーの悲痛な叫び声が散見された。
元々、利益よりも損失の方が効用関数の角度が鋭いので敏感に反応してしまうのは人間として健全な姿だ。
昨日の投稿では12月IPOラッシュが原因で新興市場銘柄が換金売りの影響で下落しているか検証した。
今日、各メディアで下落の原因は換金売りと説明する専門家が数人いた。その可能性もいくらかあるがそれより大きな原因があった可能性もある。決して彼らを批判しているのではない。専門家でさえ株価の動向を説明するのは難しいのだ。
これほど難しい問題を専門家に任せているとこれからも成長はないだろう。皆と同じ行動をするのはとても居心地良い。
しかし、トレードではそれが命とりになる。その事に早く気付きことを望む。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>技術
>>>雑談
>>>動画

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ