株価操縦問題があった引値保障取引、今月の値動きに変化があったのか考察する

株価操縦問題があった引値保障取引、今月の値動きに変化があったのか考察する
一正蒲鉾がストップ高を演じた。「どこかの株評論家が御節に必要だから物色されている」と解説していた。
その材料で仮需が動いた可能性も否定できないがほとんどTOPIX組み入れの影響だ。
先ほどの評論家も毎月あるイベントなのでチェックするだけで評判が上がるのに勿体無い。

今月の組入れで注目していたのは大引間近での変動だ。
TOPIXに組入れられるのは翌日の30日。
基準値は今日の終値だ。証券会社は予めパッシブファンドと引値保証取引を契約している。
終値が高ければ高いほど証券会社の利益となる。
パッシブファンドからすれば指数とトラッキングエラーがなければ終値の位置は関係ない。
この事実を知らずにETFを購入している人は数多くいるだろう。
さて引値保証取引で相場操縦が行われたと12月5日に報道された。
海外ヘッジファンドが引値保証取引契約を結んだ銘柄を大引け30秒前から買い上げストップ高に張りつけた。
この案件はやり過ぎだが、毎月残り数秒で相場を動かすケースが多かった。
この株価操縦があったので引け前の動きを注視していた。
今回の大引けは無難に終わったと感じた。問題は一正蒲鉾とOCHIの値動きだ。
14時と早い時間からストップ高は過去に記憶がない。
これは株価操縦の影響からか買取方法を変えたと考えていいものなのか?
また来月も注視していく。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

2 Responses to “株価操縦問題があった引値保障取引、今月の値動きに変化があったのか考察する”

  1. 中原 より:

    はじめまして。コンテンツ落札者の1人です。
    予習のつもりでブログを拝見していましたが、一正蒲鉾やochiのストップ高には相場操縦問題という背景があったのですね。非常に勉強になりました。1月もTOPIX組み入れ銘柄が多いので売却タイミングの見直しを考えます。有用な情報をありがとうございました!
    講義も本当に楽しみにしています。今後ともよろしくお願いします。

    • keishiki より:

      はじめまして、コンテンツご購入ありがとうございます。

      相場操縦問題は仮定のひとつです。
      一正蒲鉾やochiのストップ高は一時的なものか?今月の組入れ最終日の動きは要注目です。
      組入れの売却タイミングですが最大利益を目指すのも大事ですが、
      最終日にザラバ引けをして売れない精神的ダメージを考えると売却タイミングの見直しは良いアイデアだと思います。

      コンテンツは期待以上の内容に仕上げていきます。楽しみにしていてください!

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ