もがき辿りついたグランドラインへの入り口、金融の大海原へ飛び込む準備が整った!

141230
2014年12月30日。ようやくグランドラインの入り口へ。
今年は良質な環境を求めて、とあるトレードスクールへ。そのトレードスクールが大当たり。
自分が居た世界がとても小さく閉鎖的な空間だった事に気づくと同時に投資リテラシーが高い方たちに出会えた事で、 ようやくイーストブルーから旅立つ事を決心。

その代償は年収7割減。元いた仲間たちからは、『わざわざ身を削ってまで出る必要があるのか?
グランドラインは世界中の猛者どもが集まる場所。一度出ると戻ってこれた者はいないぞ』
心配してくれるその言葉は僕のコンフォートゾーンを引き下げる。

自分はイーストブルーで満足できないのだ。未知なる領域で戦い。只、それだけだ。

高みを目指すには一度、頂上から降りる必要がある。そして、更なる高みを目指すのだ。
降りたときに初めて気付く「大して頂上は高くなかったな。」自身の実力の底が見えた。
必要な物は準備できた。共に高みを目指す仲間。目標を示すログポーズ。

さあ、金融という大海原で大暴れしてワンピースを必ず手に入れ、

投資家王に おれはなる!!

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ