日経と新興市場の動きが異なっているうちは大丈夫

日経と新興市場の動きが異なっているうちは大丈夫
日経平均が500円安となった。一方で昨年12月IPO銘柄に資金が流入していたので相場は死んでいないと確認。
新興市場にもお金が回ってこなくなると本当にやばい相場になる。
市場から思惑がなくなり、実需の売りだけでボラが低下してデイトレが難しくなるのでこれだけは避けたい。

今年は飛躍の年と位置づけている。デイトレメインだと自動売買はいらない。
が同時に売買できるのは2・3銘柄程度。
複数のストラテジーを実行していたが、どうも効率が悪い。
投資金額とロスカットの損失もまだ浅いので資金効率を考えセクターを絞ることを考えている。
そして、その中から期待値の高い銘柄を抽出してトレードする。
セクターは単に大型・小型ではなくもっと細分化して今、一番資金が流入している部分で勝負しようと思う。

資金を集中することでザラバ中他の銘柄を監視する必要性がなくなる、反面判断を間違えると儲けのチャンスを逃すことになる。一番重要なことが自分がそのルールを守れるか?ということになる。

一ヶ月はたった20日営業日しかない。1日も無駄に出来ない。
さて、明日からチャレンジしていくぞ!

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ