REIT増資をまじめに理解する。増資で分配金は目減りせずむしろ増加する

REIT増資をまじめに理解する。増資で分配金は目減りせずむしろ増加する
前回に続きREITの検証。

REITは利益の90%超を投資家に分配すれば法人税がかからない。

そのため投資家への分配金が高くなる。但しほとんどを分配金に回すため、企業のように
内部留保を溜め込むことができず、いつも資金調達をする必要がある。

資金調達方法は銀行から借り入れ、そして公募増資だ。

企業の公募増資では株式の希薄化で株価が下落する恐れがある。

REITも同様だと以前まで勘違いしていた。増資をすると口数が増えるので分配金を減る。

一口分配金は純利益から発行口数を割ることで算出される。只、発行するだけだと分配金が目減りするので投資家は逃げてしまうが、REITは違う。

資金調達と同時に新しい物件を取得することで将来の家賃収入を分配金に組み込むことできるのだ。

通常の企業だと資金調達をしてから事業に投資をしても回収期間が不透明だ。

REITの場合は物件取得で家賃収入が即確保できるのだ。

さて、ようやくREITを少し理解できた。問題はどう収益化するかだ!その話はまたいずれ。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ