注文情報の歴史

 

歴史
週刊ダイヤモンド
に個人投資家向けの記事が書かれていた。

これを見ただけで、個人投資家がどれだけ不利だったかわかる。

1998年から2003年まで個人の板情報提供は1本~3本。

これで東証は情報提供をしたと言えるのだろうか。

証券会社は全部見えている。しかも目で確認できる発注スピード。

儲からない訳がない。(それでも生き残るのは難しかった。収益レベルが違うため。)

それを承知なのかわからないが、短期売買に挑む個人投資家もいた。

特に大口注文を板に晒すと自己ディーラーのカモになるのが落ちだ。

ポジティブニュースが出ると全て自己ディーラーが買い、その後で個人投資家が買いに行く。

たいてい約定を確認中に利食い売りをぶつけられ約定。泣く泣く下へ投げる羽目になる。

2003年から5本板なっているが既に自己ディーラーはワンクリック発注が開発されていて、個人がスピード勝負で勝てる筈がないのだ。

ここへきて板情報だけは同じ土俵に立てたがもうエッジは残っていない。

(終わり)

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ