仕掛けより何十倍も難しい手仕舞いを実践で会得する

仕掛けより何十倍も難しい手仕舞いを実践で会得する
実践にぴったりの銘柄だがちょっとやりすぎた感がある。

これまでの実績の積み重ねで今月から損失の余力が倍増。理論上は以前より2倍の利益を稼がないと倍増した意味がない。
損失の余力が増えたことで戦略のバリエーションが膨らみ精神的な余裕が得られた。しかし、これだと成長のスピードが鈍化するのは間違いない。

高みへ目指すにはピンポイントで期待値の高い事象へアプローチしなければならい。

それとは別に資産が増えるにつれ、手仕舞いの技術が必要となってくる。以前は自分の建て玉を成行で売っても数Tickで約定できたが今後は全体の気配を読んでスライスしながら返済する技術を磨く必要がある。
これは実践で体感して掴むしかないので早速、トレードで試して見た。

結果は…裁き方が下手すぎて損失を拡大させてしまった!!

課題としては玉が小さい場合はサポートラインが割れてもすぐに裁けたが、玉が大きい場合割れると板がスカスカになるので一歩手前で損切りを行う必要がある。
注意しないといけないのはサポートラインが本当に割れる可能性があるか見極める必要がある。
割れない場合は自らが只で相手にお金を渡すようなもの。

これはトレードの中で学ぶしかない。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ