株価を上げたければ長い時間持つだけだ!実需と仮需を理解する

株価を上げたければ長い時間持つだけだ!実需と仮需を理解する

いよいよ本編に突入。まずは需給の感覚を掴んでもらうために基礎を学んでもらう。

株価の変動は需給がトレンドを作り、仮需がボラティリティを作る。

では実需・仮需はどこで区別するのか?そのことを今夜の教材に詰め込んだ。

この基本編を学ぶだけで、明日からのトレードに対する考え方が変わるだろう。

サプライズニュースで動くのは実需か仮需か?ぜひ教材をきっかけに日々考えて頂きたい。

そして、板の先にいる投資家を理解するきっかけとなる。

投稿では明確なご質問・ご感想を頂きとてもうれしい。
そして、バーチャルではあるが他人の脳みそを見れる機会を得られた事は受講者自身も気付いて頂いたと思う。

keishikiの人物像はある程度理解されたと思う。次は受講者の番である。

同じ高みに目指す同士、腹を割って話そうではないか!

では第一回講義の投稿を楽しみに待っています。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ