搾取できる環境を探す

現在、どこに資金を向けてトレードをするか思案中だ。

前回の記事通り株主比率を中心に銘柄を絞り込んでいく。

株主比率は戦う相手を知る一番のデータだからだ。

ソフトバンクの株主構成を見て考えてみよう。

外国46%・浮動株7%・投信7%・特定株43%。

特定株43%の内、孫正義さん以外はいつでも売買が可能。

単純に上記を見て戦う相手を抽出してみる。

海外投資家の比率が高い。この中には機関・個人が含まれる。

時価が高く自分のスケールから見て大口投資家の判断が困難。

勝負に勝つには自分の実力より格下がいないと難しい。

単純だが、ソフトバンクでは搾取される割合が高い。

勝つ為には格下から搾取できる環境を見つけるしかない。

僕が考える搾取できる環境は個人投資家が多い銘柄だ。

特に貸借有・ボラティリティが高い銘柄はわかりやすい。

これらの銘柄は仕手化しやすく証券ディーラーも罠にはまり易い。

一瞬相場をコントロール(相場操縦じゃない)できる資金で勝負する。

もしくはコバンザメとして流れに乗ることが重要。

中途半端な空売りは買い方の餌食となるので注意が必要だ。

(終わり)

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ