トレードの才能の違いを目の前にして、諦めるのか?少しでも近づくには検証するしかない

150301
楽して儲かろうとしているのに検証時間がかなり掛かる、何かおかしい?
そんな時期があったからこそ、今がある。

トレードは儲かる為の教科書はない。書店に並べられている無数の投資本も参考になるが教科書ではない。

過去のデータをいくら並べて説明してもどんな危機を乗り越えた相場師の話も未来を保障するものではない。

だからこそ、トレードエッジが残っている気がする。

一寸の光を求めて本屋へ向かい、手に取りエッジを探す。

人生は残酷でWBC世界ジュニアミドル級チャンピオン、ブライアンホークのような生まれつき才能を持ち合わせたトレーダーは数多くいる。
じゃあ、この事実を知って諦めるのか?それはまだ早すぎる。

元々の才能がないなら練習するしかない、頂に届くかはわからない。
でも練習すれば数ミリでも近づける可能性はある。

練習すれば必ず勝利をするとは断言できない。しかし、やる前から結果を決め付けて諦めるよりやってから考えた方がよい。

とにかくやってみる!

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ