今は無きトレードエッジ第2弾を紹介したいと思う。

JASDAQ銘柄の大引サプライズニュース取りだ。

JASDAQ市場は元々、独立した取引所だった。特徴は日本の取引所で唯一オークション方式とマーケットメイク方式の2つの売買方式が採用されていた。

注文方式も変わっていて、指値注文しかなく成行注文はなかった。

2008年に大阪取引所がJASDAQ市場を買収したのをきっかけに注文方式と売買方式は現在のものに変更された。

現在のJASDAQ市場は大阪のヘラクレス市場と合併したが今も変わっていないのが旧JASDAQ銘柄の場口銭が馬鹿高いことだ。協会員も変更をお願いしているが何も進展はない。

大阪取引所と買収されたことで一番変わったことは大引けの時間が15:00から15:10に変更されたことだ。

新興市場なので元々、市場のルールを注視している企業は少なかったのでもしやとは思ったが決算発表時間を以前と変わらず15:00にリリースする企業が多くあった。

これを取りにいくハイエナはいたが元々、流動性がないこと次回から時間をずらしての発表となったことからこのエッジは早く消えてしまった。