ザラバ中にライツ発動!復配を最初にリリースするから効用がマイナスに

ザラバ中にライツ発動!復配を最初にリリースするから効用がマイナスに
ザラバ中のライツ発動は初めてかな。それにしてもすごいの一言。

先にライツ発表⇒復配の方がイメージがよかったのに。

元々は繊維業。そして投資会社へ変化。ウォーレン・バフェットが率いるバークシャー ハサウェイを目指していたのか。

ここ最近は出資会社が大当たり連発と波に乗っている会社だ。出資会社のほとんどが資金繰りに苦しんでいる会社。

ライツ・第三者割当増資で救ってきた。当社自身がライツを実行。

希薄率は100%。14時30分のリリースから大幅に下落したが非貸借銘柄で空売りはできない。結局、その後は売停を挟みザラバ引けとなった。

今回はライツイシューであり、ライツオファリングと違って新株は上場しないので注意が必要。

割当日が4月15日、ディスカウントは10%なので最終日で買えば収益機会がありそうだ。

公募と違って応募でなく市場で買わないと権利がないので今考えられるのは買いが若干強いと思う。

まだ検証中なので絶対ではないが、めったにない事例なのでこれを機に覚えとくと後から使えると思う。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ