免震ゴムのデータ改ざんで暴落した、ゴム銘柄。そこまでのインパクトなのか考える

東洋ゴムが週末に記者会見。免震ゴムの免震材データ改ざんをしたことにより、国土交通相から認定の取り消しを受けた。

PTSも大幅安。確かに免震ゴムのデータを改ざんをしたことは安全面を考えると許しがたいことだ。MXTVの解説者も「改ざんは良くないですね~」とアナウンサーと頷いている。

その影響で寄前から本日はストップ安売り気配水準。しかし、業績面から考えてそこまでインパクトがある事なのか?

東洋ゴムといえば、自動車のタイヤが有名だ。恥ずかしながらその東洋ゴムが免震ゴムを扱っていることは知らなかった。
さて事業内容を調べて見ると、東洋ゴムは2つの事業がある。
ひとつはタイヤ事業、そして免震ゴムがあるダイバーテック事業だ。
営業利益の割合はタイヤ事業が453億円。ダイバーテック事業は20億だ。

ここまで書くとだいたいおわかり頂けると思う。今後、免震ゴムを入れ替える費用が掛かると思うが現時点で会社を揺るがすまでは至らないと思う。

では本日の結果は

免震ゴムのデータ改ざんで暴落した、ゴム銘柄。そこまでのインパクトなのか考える
後付かどうか皆さんのご想像にお任せします。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ