期待値マイナスがわかっているのに資金が入るIPO、だからこそチャンスがある?

期待値マイナスがわかっているのに資金が入るIPO、だからこそチャンスがある?
来週からIPOラッシュが続く。IPOのセカンダリーは基本マイナス期待値である。
寄付きから買うと資産が減り続けるゲームだ。

それでも寄り付きに飛びつくのは、過去寄付きから数日で数倍のリターンを見せた銘柄の記憶が下落した銘柄より色濃く残っている為だ。
人は希少性に敏感でいくら検証して全体のPFが駄目でも良いリターンの銘柄を追ってしまう。
では、チャンスはないのか?それはIPOが短期間に集中して上場すれば資金が分散されるの・資金が拘束されるのでIPO以外の新興市場から資金が流出する。

IPOラッシュが終われば資金が元の新興市場に流入されると言われている。
だとすればIPOラッシュ時には新興市場を売って、ラッシュ終了後に買い戻すトレードが良いかなと思う。もう一つは鉄火場であるIPOセカンダリーだ。

資金が分散と全員がIPOに関心があると言う事は、少なからずその時期はIPO銘柄を監視する人間が多いということ。ボラは高いが代金が確保されているので、有望な銘柄があればベットするのも良い。

デイトレをするなら、アルゴが少なくノイズがないので需給に自身があれば儲かるチャンスあり!

期待値がマイナスなのに人が群がっているという事はチャンスがあると思っていい!
ぜひチャレンジしてみてくれたまえ!

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ