なぜ上がる?

一番の稼ぎ頭である。太陽光関連が軒並み暴落している。





原因は九州電力が再生エネルギー中断の発表をしたのがきっかけだ。追い討ちを掛けるように他の電力会社も右へ倣えと中断発表を行い、この先不透明感が続く展開だ。





今日は他の再生エネルギー関連にも売りが多く目立った。





その中で気になったのが逆行高したFエスコ(9514)だ。





Fエスコ








寄付き後は関連株同様売りが先行したがどうも買いが入ってくる。790円で8000株の売りが入ったがすんなり買われる。さらに下値でどんどん注文が入ってくる。


その後も小粒の売りを吸収。800円を抜けると簡単にプラスに転じた。





事業内容はバイオマス発電が中心で実際は関係が薄いのかもしれないが、元々連動していたので連想買いをしていた実需の売りがあってもおかしくないと感じた。





大引け後、IRを確認。「第三者割当増資における発行株式数の確定に関するお知らせ」が公表されていた。他にも逆行高したJWD(名前が変わっていた)にも違うIRが出ていた。





これは偶然なのか?


(続く)



--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ