4月のTOPIX組み入れ銘柄は18銘柄、資金分散はチャンスとなるか

4月のTOPIX組み入れ銘柄は18銘柄、資金分散はチャンスとなるか 本日、ミクニ(7247)・ソディック(6143)が東証1部に指定替えされた。
上記2銘柄は明日何もなければギャップアップで始まるだろう。

ソディックは昨年3Dプリンタをテーマに仮需が溜まっているだけに組み入れ日まで買われるかは不透明。
だが、元々いつでも1部に昇格できる実力があっただけに意外感はある。

何よりすごいのが組み入れ銘柄の数だ。全部で18銘柄。昨年の14銘柄を超える数だ。
4月は元々、需給が良い相場月である。組み入れも過去の検証上は期待値が高い月のひとつ。
さらに銘柄が多く、資金が分散されるので組み入れ日まで実需が続く可能性がある。

前回の投稿で説明したが、IPOのセカンダリーは実需が買いに来るケースは少なく上昇の期待は低い。
逆に1部組み入れは実需が入ってくるので期待値が高く、それを見越したコバンザメも付いてくればさらに上昇の期待が見込まれる。

組み入れ日はまだ先だが、すでに見込み買いは入っていると見られる。
あとは全銘柄をベットするか期待値の高いファクタを選別して銘柄を絞るかは個々の腕次第だ。

武運を祈る!

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ