市場参加者が最も見ているテクニカル指標が役に立つ

市場参加者が最も見ているテクニカル指標が役に立つ
移動平均線はとても有名なテクニカルツールの一つである。
株価が移動平均線より上か下かで毎日、評論家が解説している。
そう、相場解説にもとても便利なツールでもある。

実際、トレードに使って有効なのか?
これは人それぞれで有効に使えている人もいれば、意味のない指標だと思っている人もいて、正解はない。

一ついえるのは有名な指標は誰も見ている!ということは紛れもない事実である。
だからこそ、その値は見る価値があるのだ。さらに言えば有名なサイト、ヤフーファイナンスでは25日移動平均線が初期値で描かれている。
これが大事で。25日移動平均線は基本なのだ。その数字を変更するのでなく、みんながよく見る日数だからこそ意味がある。

ある株価は25日移動平均線で横たわっていたら、そこが抵抗帯になりやすい。
25日が有効だからではない。皆が見ているから自然とその値段で商いが活発化するからだ。

テクニカル分析をする際はまず初期値の値で分析をお勧めする。
その値こそが基本だからであって、何らかのエッジが見出せないならいくらいじっても良いエッジは見つからないだろう!

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ